読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベトナム不動産

ベトナム、特にホーチミンの不動産情報

シンガポールと北京から見えるベトナムの未来


シンガポール

シンガポールは治安の良さ、富裕層が多く集まることで知られ。シンガポールの物件は日本の不動産投資家に人気がある。

シンガポールの不動産価格は高騰しすぎて、

キャピタルゲインが期待できるどころか、暴落の可能性もある。

また購入時、維持、売却時の手数料や税金の高さにも要注意だ。

印紙税の高さは異常だ。


中国

北京は、長く、バブルの危険性が声高に叫ばれてきたが、中国の実態経済を、まったく理解していない人の意見です。

今や東京、ニューヨークを凌ぐ不動産価格が、安定的に伸びています。

共産党一党独裁が、資本主義を取り込み、人口の多さに、巧みに貧富の格差を融合させ、不動産の供給と需要を活性化させているのです。

2016年の人件費が月約600ドル、日本の約2600ドルより競争力があり、広大な土地に、人口を支える農業も含め今後も不動産価格は着実に伸びるでしょう。


ベトナム

中国と同じ道を歩もうとしているのがベトナムです。しかも 中国よりも、効率的に経済成長を進める可能性があります。

人件費で、競争力のある中国をさらにしのぎ、

中国の半分未満で、人口もバランスよく増加しいています。シンガポールと異なり、ミニ中国とも言える、農業の強さも、今後の労働力の成長が期待でき、場合によっては、信じられないような発展の可能性を秘めています。


➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️

➡️➡️是非、現地見学ツアーをご検討下さい     ➡️➡️

➡️➡️  お問い合わせ→  datdatdat@outlook.jp      ➡️➡️

➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️➡️